一般整形外科(特に肩関節、肘関節)

主に骨・関節・筋肉・神経など、運動器系の疾患を診療

一般整形外科(特に肩関節、肘関節)

一般整形外科では、主に骨・関節・筋肉・神経など、運動器系の疾患を診療します。具体的には、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的によく起こる体の痛みや違和感などを扱います。いわた整形外科クリニックでは、乳幼児から成人、ご高齢者まで、あらゆる年齢層の患者様の診療をいたします。地域の皆様の整形外科「かかりつけ医」でありたいと考えておりますので、お気軽にご相談ください。
≫ スポーツ整形の詳細はこちら
≫ 骨粗鬆症の詳細はこちら

このような症状の方は、一度ご相談ください

日常生活に違和感があればお早めにご相談ください

このような症状の方は、一度ご相談ください

関節痛や腰痛、肩こりなど、いつものことだから…と我慢してしまっていると、まれに、別の病気が潜んでいることもあります。いつも同じ所が痛んだり、しびれ・こわばりなど、身体に違和感があったりするようなら、まずは医師の診察を受けましょう。

痛み 腰痛、肩こり、手足のしびれ、神経痛、腱鞘炎、関節痛、筋肉痛など
捻挫(ねんざ) 関節の捻挫、むちうち損傷など
骨折 手足の骨折、脊椎の骨折など
脱臼 関節の脱臼、突き指など
外傷 打撲、肉離れ、腱の断裂、切り傷、すり傷、やけどなど
≫ スポーツ外傷・障害の詳細はこちら
加齢による変性疾患 骨粗しょう症、関節の変形など
≫ 骨粗鬆症の詳細はこちら
リウマチ関連疾患 関節リウマチ、痛風、強直性脊椎炎、リウマチ性多発筋痛症、皮膚筋炎など

治療方法

医師、理学療法士、柔道整復師、トレーナーが連携

治療方法

いわた整形外科クリニックで行う整形外科治療の一例です。疾患や症状にあわせて、理学療法士、柔道整復師、トレーナーと連携しながら最適な方法を組み合わせていきます。

日常生活指導 日々の生活習慣などが痛みの原因となっている場合も多くあります。姿勢や歩き方、食生活、軽い運動やストレッチ指導などで、症状の改善をはかります。
薬物療法 痛みやハリを抑えるお薬やビタミン剤などの内服薬、温・冷湿布などで身体の内側・外側から炎症を抑えます。
注射療法 ■トリガーポイント及び局所注射
痛みのある筋肉やコリ部分に注射して、肩や腰の痛みなどを和らげます。指のスジの痛みなどに対しての局所注射治療も行います。
■ブロック注射
痛みを感じる神経の周りに注射をして、手や足の神経痛を和らげます。
■関節注射(ヒアルロン酸など)
肩や膝の関節に、関節の潤滑油であるヒアルロン酸を注射して、痛みを和らげます。 痛みが強い場合はステロイド注射を行います。
手技療法 関節や筋肉のマッサージで、痛みやハリ、コリを和らげたり、狭くなった可動域を広げたりします。
物理療法 さまざまな機械を用いて、身体のこわばりや痛みを和らげます。
≫ リハビリテーションの詳細はこちら
小手術 局所麻酔の使用などで、切り傷の縫合など、当院で行うことのできる小手術も実施します。大きな手術が必要な場合は、責任をもって連携先の病院などをご紹介いたします。

診療時間

 
午前
午後 × ×

午前 9:00〜12:00
午後 17:00〜19:30

:火曜午後、金曜午後は
18:00〜20:30

※:火曜午前は月曜が
祝日の場合のみ診療あり

休診:火曜午前、水曜午後、
土曜午後、日曜、祝日

お問い合わせ

0774-66-1773

▲ページトップ